The Midnight Seminar

読書感想や雑記です。このブログの裏で始めた統計&プログラミングのブログのほうがアクセスが伸びてしまい、こっちが裏みたいになってます。

略称、イニシャルについて


 会社に入って受けた最初の研修で、教官から言われた話で一番よく覚えているのは、「何の略なのか知らずに略称を使うな」ということ。もっというと、「良く分かってない言葉を使うな」ってことだ。
 「OJT」*1とか「CDO」*2とか「CDS」*3とか「ICBM*4とか「ATM」*5とか「ETC」*6とか「CEO」*7とか、「ワシントンD.C.*8とか、あらゆる分野にわたっていろんな略称が流通してるけど、幹部連中は老人でよく分かってないんだから、説明を求められたときにまず「何の略なのか」から始まって「どういう意味なのか」を即座に答えられるようにしとけと。とくに、国際機関など各種組織名とか。


 また、会社とは別の場でも、ある評論家の先生が酒場でよく「それはもともとどういう意味なの? もっと言葉に敏感になった方がいい」と言っていてまったくおっしゃる通りだなと。
 これはけっこう重要な教訓です。意識的に努力しないと、知らないまま流してしまう略称は結構ある。で、元の言葉が何なのか知らずに堂々と略してみせるなんて、たしかにダサすぎる。てかそれって略してるとは言えないし。


 今日、ふと思い立って、人名のなかで何のイニシャル(頭文字)なのかよく分からずに使っているものをいくつか調べてみた。
 私が分かってないと同時に、分からずに使ってる人が多そうなものを挙げてみます。


 (1) J.D.サリンジャー(作家)
 (2) O.J.シンプソン(殺人犯)
 (3) H.G.ウェルズ(SF作家)
 (4) ジョージ.W.ブッシュ(子)およびジョージ.H.W.ブッシュ(父)(米大統領)
 (5) E.H.カー(歴史学者、国際政治学者)
 (6) T.S.エリオット(詩人)
 (7) J.R.R.トールキン(作家)


 全部わかる人って、いたらけっこうすごいと思う。大学の先生とかでも分からずに使ってる人、絶対いると思う。とくに(2)、(3)、(5)あたり。
 答えは以下のとおり。


 (1) Jerome David Salinger
   ⇒ デイヴィッドはかすかに聞いたことあるような気がする。
 (2) Orenthal James Simpson
   ⇒ 今調べて初めて知った。
 (3) Herbert George Wells
   ⇒ 今調べて初めて知った。
 (4) George Walker Bush および George Herbert Walker Bush
   ⇒ Wは「ホワイト」だと勝手に思ってた……。
 (5) Edward Hallett Carr
   ⇒ ほとんど誰も知らんだろう。岩波新書の『歴史とは何か』にもE・Hとしか書いてないし(笑)
 (6) Thomas Stearns Eliot
   ⇒トーマスは覚えてたが、スターンズは知らんかった……。
 (7) John Ronald Reuel Tolkien
   ⇒完全に苗字しか知らんかった。


 ほかにもいろいろありそうだ。


 あと、あんま関係ないけど、こないだ英語の語源の本を買ってきて「Good-bye」は「God be with you」が短縮されてできた言葉だと知って感動しました。

*1:On-the-Job Training

*2:Collateralized Debt Obligation

*3:credit default swap

*4:Intercontinental ballistic missile

*5:Automated(Automatic) Teller Machine

*6:Electronic Toll Collection (+システム)

*7:chief executive officer

*8:District of columbia